マイレージ提携クレジットカードを活用してマイルを貯める方法

クレジットカード,マイル,ポイント比較

日頃、移動手段に飛行機をよく使っている人でない限り、マイレージプログラムでまとまったマイルポイントを貯めることは困難です。

 

たくさんのマイルポイントが貯まっていなければ、航空券はもとよりアップグレード特典でも交換することは不可能です。
クレジットカードのマイレージプログラムの内容をよく理解して上手に活用しなければ、マイルを貯めるのは難しいものです。

 

コンスタントにマイルを貯めるためには、クレジットカードで貯めたポイントをマイルに変換するといいようです。
日頃のショッピングでクレジットカードを使った買い物をしていれば、自然とポイントは入っていきますので、これをマイルにします。

マイルを貯めやすいカード

マイルを手軽にためるには、クレジットカードのポイントをマイルにして、それを割引サービスに使います。
航空マイレージと呼ばれるクレジットカードの場合、カードを使って買い物をしていると、決済額に応じてマイルが貯まる仕組みです。

 

マイレージへのポイント移行する際の手数料が無料になっていたり、入会ボーナス特典があったりと、サービスの内容にも差があります。
マイルに関する制度は、クレジットカードによって違いますので、ネットで比較して選ぶことをお勧めします。

 

マイルを溜めやすく、使いやすいクレジットカードといえば、JALのマイレージバンクや、ANAのマイレージクラブのようです。
普段、どんなクレジットカードの使い方をしているかに合わせて、使いやすいクレジットカードを選択することがポイントです。

 

効率的にマイルを貯めたい時には、マイレージプログラムの使い方を把握してから、自分にとって使いやすそうなものはどれかを調べることです。


クレジットカードで貯めたマイルの有効期限をチェック

クレジットカードには色々なものかありますので、自分に合うクレジットカードを選びたいものです。

 

日々の買い物をより快適なものにしてくれるようなクレジットカードを持っていたいと思う人は多いようです。
年会費無料のクレジットカード、ポイントが貯まりやすい制度、傷害保険などが付帯されているなど、さまざまな特徴があります。

 

普段、どんなやり方で買い物をしているかによって、クレジットカードの求めるサービスは違います。
例えば、飛行機の移動の機会が多い人の場合、クレジットカードで飛行機チケットを買うとマイルがつくマイレージプログラムをよく使います。

 

マイルをためることができる航空会社は、JALとANAがよく知られています。
飛行機の使い方は、十人いれば十通りの乗り方がありますので、マイルのたまるクレジットカードといっても、ANAと、JALのどちらがいいかはシチュエーション次第ですが、有効期限は調べておきましょう。

マイルの有効期限が迫ってきたとき

マイルを貯めたまま忘れてしまうと、3年で効果が失われてしまいますので、せっかくのマイルをムダにしないようにしましょう。
マイルの有効期限が迫ってきたときは、まずは特典航空券に引き換えておきましょう。

 

いつ移動するかがはっきりしていない時でも、特典航空券にしてから、後々で日取りを調整してください。
ANAでも、JALでも、特典航空券の期限は国際線1年、国内線90日はありますので、その間に使うようにすれば、マイルはムダにはなりません。

 

せっかくたまったクレジットカードのマイルがなくなってしまうことがないように、有効期限をきちんと確認した上で、期限が切れそうな場合は何らかの使い道を探していきましょう。

クレジットカードで貯めたマイルの使い方

クレジットカードによっては、カードを使った買い物をすればするほど、航空券を購入する時に貯まるマイルが増えるものがあります。

 

提携先が航空会社であるクレジットカードは、マイルが効率的に入る仕組みになっていますが、貯まったマイルはどう消費するとお得なのでしょう。
マイルの貯まったクレジットカードの使い道で、代表的なものはどういったものでしょうか。

代表的なマイルの使い方

どういうマイルの使い方が特かは、クレジットカードの持ち主が普段どんなカードの使い方をしているか次第です。
航空チケットを購入することが多い人の場合、クレジットカードでたまったマイルは特典航空券にすることがおすすめです。

 

その他、マイルが貯まったら電子マネーにしたり、 指定の商品にするという方法もあります。
クレジットカード会社のホームページから、マイルと商品との交換手続きができます。
商品を選び、フォームを入力するだけなので簡単です。

 

マイレージプログラムと提携しているANAやJALのお店であれば、クレジットカードでためたポイントを利用して割引手続きをしてもらうこともできて、非常にお得な買い物ができます。

 

楽天、iTunes、TSUTAYA等の各店舗にANAのクレジットカードは提携していますので、買い物の時には便利に使うことができます。
一方、JALのクレジットカードと提携しているショップには、JRや、ローソン、DoCoMoなどがあります。

 

今まで気づかなかった身近なところに、クレジットカードのポイントが貯めやすかったり、使いやすかったりするポイントが存在します。
何をすればクレジットカードのポイントが貯まりやすく、何をすれば上手にポイントが使えるかを調べておけば、お得なサービスが活用できます。

[クレジットカードはマイルポイントの貯まりやすさで選ぶ!]関連情報